VIO脱毛時の注意点とは?

VIO脱毛はデリケートゾーンのお手入れのため、ほかの箇所に比べて安全性にも慎重になる必要があります。間違った方法ではトラブルが起こりやすい箇所のため、注意点を把握し、ときにはプロに任せることも重要です。

Vラインは見えやすいためセルフケアも可能です。しかし、粘膜に近いIラインは少しの失敗で傷つけやすい箇所ですし、Oラインは自分ではほとんど見えないため自己処理はとても危険です。
Vラインを自己処理するときは最初に長い毛をはさみで短くカットし、そのあとにカミソリや電動シェービングで形を整えます。最後にはクリームやローションで保湿を忘れないようにしましょう。カミソリは古いものや錆びたものは傷つきやすかったり感染の恐れもあるので使用しないようにしてください。

IラインやOラインをケアしたいときはプロに任せるようにしましょう。サロンでは肌質に合った方法や、より肌に負担のかからない方法を提案してくれます。
ケア後には肌を清潔にし、万が一なんらかのトラブルが起こった時には医師に相談するようにしてくださいね。

vio脱毛の自己処理のメリットデメリット

vio脱毛の自己処理のメリットデメリットを紹介します。カミソリでするのでメリットはコスト面などです。

エステサロンでワキや手足の脱毛をするのは何も問題ないといえますが流石にvioは人様に晒すのは抵抗があるのでvioの脱毛に関しては私は自己処理です。
お風呂に入る時にカミソリで行っていますが、大体3日置きくらいでしょうか?伸びてきたなと思ったら行う感じです。
それではvioの自己処理のメリットをデメリットを紹介したいと思います。

まずメリットとしてはやはり自己処理の方がお金がかからないという点です。エステサロン等に行くと結構な金額がかかります。
ワキなどはキャンペーンでかなり安価に行っている場合も多いのですが、vioはまだ行っている所が少ない上にキャンペーン対象外です。

それにやはり人にやってもらうのは恥ずかしいというのも大きいといえます。そしてvio処理のメリットというのはムレにくくなることと後は下着や水着から透けないこと。さらには生理中の匂いを減らすことができます。
しかしデメリットとしては、毛が生えてきた時すごくチクチクします。デリケートな部分だけに気になるんです。さらに短い毛が下着から出てしまった時にはすごく恥ずかしいという点です。

関連ページ

VIO脱毛に必要な回数
VIO脱毛に取り組む際に、効果が出るまでに必要な回数を紹介します。
vio脱毛の痛み対処方法
脱毛サロンでのvio脱毛の痛みについての説明